【キャリアップインタビュー】本社経理事務 河野未紗

2019年2月インタビュー実施

ネストでの歩み

1年目    本社馬木営業所で営業事務に配属。請求書発行業務、トラックの日報入力などを担当する。
2年目秋   営業事務の仕事を兼任しながら株式会社ネストの経理を担当。総務も兼任。
3年目   総務の業務から離れ、念願の経理へ異動。
5年目   上級社員研修受講

現在の仕事内容

経理を担当する私の現在の仕事は請求書発行、売り上げ計上、経費計上、支払い関係の処理、現金出納処理などです。全国の営業所の経理も担当していますので、各営業所の経費計上、売り上げ計上、給料明細の管理などをしています。経理の仕事は正直ルーティーンになる作業が多く、数字を正確に扱うのが当たり前なので時にプレッシャーを感じることがあります。プレッシャーを感じたからといって正確にできるようになるものではないので、あまり意識はせず、数字を間違えないように確認する体制づくりに力をいれています。あとは、自分自身があらゆることをきちんと理解していなければ正確な作業ができないので、勉強することは尽きませんが、逆にそれがやりがいでもあります。 毎月の決まった仕事以外には、年越し蕎麦の受注入力、年末調整、決算処理も担当しています。決算前になると、決算処理の業務で2,3か月とても忙しくなります。限られた時間内に正確に情報を取りまとめることが勝負なだけに、日頃の作業を怠らないことが大切になります。終わった時の達成感と解放感は特別です。

点と点で存在していたものが一直線でつながった瞬間

現在の経理の仕事に就く前は、営業事務と総務を担当していました。営業事務では請求書発行業務、トラックの日報入力(走行距離・給油量)、総務では(勤怠入力、制服管理)を主に担当していました。 最初は「点」であった個々の業務が、営業事務から総務、経理と経て「線」でどんどんつながっていきました。経理は営業事務で作成された請求書を元に作業を行います。営業事務の経験があるからこそ、提出された請求書の数字が間違っていたとしても、なぜ間違えたのかを見抜くことができます。また、営業事務のスタッフには経理の視点も合わせた指導とアドバイスをすることができるようになりました。

大学時代の夢は経理の仕事に就くこと

大学時代は経営学部だったので、簿記の勉強をしていたこともあり、入職前から経理にあこがれていました。入職試験の社長面接で経理に就きたいという意思は伝えていましたが、まずは営業事務で現場を知ってからの方が良いという社長のお言葉もあり、せっかくなのでゼロからチャレンジできる環境で頑張ろうと思ったのを覚えています。入社してからは複数の業務をこなす経理の先輩をみて、私も早く先輩と一緒に経理で働きたいと思っていました。入社2年目の秋に総務の異動が決まった時は、経理までの夢に一歩近づいた、とワクワクしていたのを覚えています。

数字を合わせるために夜遅くまで数字とにらめっこすることも

ネストでは毎年5月にネスト祭りというお祭りを開催しています。このお祭りは日頃の感謝の気持ちを込めて家族、取引先、地元の方へ向けた地域貢献のお祭りとなっています。そのお祭りの金銭管理全般を、私ともう一人の先輩とで担当しています。数日間で多くの金額を扱いますし、当日のみ使用できる金券も発行するので、本当に大変です。数字が合わなかった年は原因を探すのに時間がかかり夜遅くまで数字と電卓と向き合わなければならず本当に大変でした。ただ、一人ではなく先輩や他の部署のスタッフも手伝ってくれたので、予想していたよりも早く、無事に終えることができました。何よりも、他部署の方も遅くまで手伝ってくださり、人の温かさに溢れた職場だなと感じました。

ネストならではの経験

ネストは物流会社ですが、物を運ぶことだけに特化した会社ではなく、フード事業やトランクルーム事業など幅広く事業を展開しています。私自身「商品企画」という会議に参加し、経理の仕事の傍、新しいものを開発するというプロジェクトにも携わっています。物流(ロジスティクス)にとらわれず新しいことにどんどん挑戦していく環境の中で働くことは、毎日が楽しいと感じます。また、ネストはイベントが多いので、イベントの時は思いっきり楽しんで社員との交流を深めます。個人的には4年目で挑戦した女子マラソンは本当に貴重な経験でした。家族だけでなく、副社長とブルースくんも応援に来てくださり、バトンをつなぎ先輩・後輩社員が1つのチームとなってバトンを繋ぐのは想像していた以上に楽しかったです。

休日の過ごし方

仕事だけでなくリフレッシュも大切だと私は考えているので、休日は夫とドライブに出かけたり、日帰り温泉や遠出の買い物など家族と過ごすリフレッシュ時間も大切にしています。仕事をしているからこそオンとオフの切り替えができ、仕事もプライベートもしっかりと充実させることができます。

頼られるリーダーになる

ネストに入職してからは実務的な知識をはじめ、本当に全てのことに日々成長していると感じています。経理はパソコンに向かってひたすら仕事をするというイメージがあるかもしれませんが、実際そんなことはなく、毎日多くの部署のメンバーと連携を図りながら業務をしています。グループ内のたくさんの方と接する機会が多いので、コミュニケーションを取る機会が多いだけに、たくさんのことを学ぶことができます。大学時代はあまり社交的なタイプではなかった私が、仕事を通じて社交的になれたと感じました。また、入社5年目で受講した上級社員研修(夢志の巣塾)では、新たな発見があり、研修を通じて自分自身について考える機会を得たことで、人前に出た時の態度であったり、話し方を改めることができました。 現在は後輩がいない部署ですが、将来は頼られるリーダーになりたいと思っています。社会人として、人として、人を育てる立場に立てるように、周りのことを配慮できる人間になりたいです。これも、研修で学んだからこそ「頼られるリーダー」になるという明確な目標を持つことができました。

今後の目標

今後の目標は財務の仕事に就くことが目標です。現在は私が入力した経理の情報を元に別の方が財務の担当をされていますが、ゆくゆくは経理も財務もできるスペシャリストになりたいと思っています。また、日々の業務を先輩と割り振ってこなしていますが、その先輩の仕事もできるように経理の仕事により磨きをかけることも目標です。

 

 

そんなネストでは会社説明会を実施中。詳しくはLINEで!