お客様にも仲間にも「信頼される」人になる/渡邉空良【営業】

 

渡邉空良  WATANABE SORA
営業/2017年新卒
出身校:比治山大学

 

 

入社した理由は?

大学で行われていた合同企業説明会で、ネストの説明を聞いた時に、車が好きな私は運送業に興味を持ちました。その後ネスト本社の会社説明会に参加し、ネストの「いつでもみんなの役に立つ」という会社の想い、そしてロジスティクスはただモノを運ぶだけでなく、モノが届くまでのドラマや、我々の生活を創っているというお話を聞き、私も「運送業で社会に貢献したい!」と思いました。
さらに、私の好きな車関係の仕事を通じて何か社会貢献できればと思い、入社を決めました。

現在の仕事内容は?

・引越しの見積もり

見積もりは主にお客様宅に伺い、現場の様子を確認しながら、見積書を作成します。
お客様はそれぞれタイプが違うので、見積りは毎回異なります。そして、見積もりというお仕事は私の計算で全てが決まりますので、非常に重要な仕事です。
金額はもちろんのこと、トラックの大きさ、作業員の人数、ダンボールの数など、例をあげるとキリがありませんが、お客様との限られた見積もり時間の中で、部屋にある荷物量がどのくらいで、何の作業工程が必要か判断しなくてはなりません。

引越し見積りの際、私が提案した見積もりで引越しの成約をいただけると、本当に嬉しいです。逆にうまくいかない時は「よし!次も頑張ろう!」とその悔しさを糧に頑張っています。

・トランクルーム ネストBOX事業

1年目の秋からネストBOX事業のメンバーに入りました。担当になったばかりなので、直接お客様と関わる仕事はまだしていませんが、今はリニューアルサイトの原稿や、新しく事業拡大する準備を先輩社員と行なっています。

ネストBOX事業では、お客様の引越し荷物をトランクルームで一時保管したいお客様や、車のタイヤを預けるお客様のトランクルームの貸し出し管理を行っています。
営業で、トランクルームのご提案をすることがありますが、荷物の一時保管に最適なので、置き場がなくて困っているお客様の荷物整理に役立っています。

見積り作業で苦労すること

見積もりの中に「作業人数」という項目があります。作業人数を間違えて見積もりをすると、本来3人の作業を2人でやらなければならなくなります。逆もそうです。

見積もり作業人数を少なく見積もると、ドライバーの仕事に負荷がかかるだけでなく、作業時間も予定時刻をオーバーすることもあります。さらに、次の配送が遅れてしまうことにもなりかねません。

逆に作業人数を多く見積もると、必要以上の経費が発生してしまいます。本当に今でも見積り作業は緊張します。

初めて見積りを GETした時の気持ちは?

ネストに入社して最初の1, 2ヶ月は先輩社員の見積もりに同行させてもらいました。
最初は「先輩のように見積りができるの?!」と本当に不安でした。
私の見積りで、初めて受注がもらえた時はとても嬉しかったです!もちろん先輩社員の見積もりを参考にしながら、行いましたがそれでも本当に嬉しかったです!!今でもその気持ちと感動は忘れられません。

共に働く仲間がいる

以前広島から大阪への長距離の引越しを担当しました。長距離のため広島営業所だけでは対応できないケースで、岡山営業所の方に協力をしてもらい無事引っ越しを行うことが出来ました。営業所をまたがって引越しが無事に終わった時は、安堵の気持ちと、私の仕事がスムーズに動くよう調整や協力していただいた岡山営業所の方に感謝の気持ちでいっぱいでした。

他には、私が見積りした引越しのお客様が、作業を行うドライバーさんに「ネストにお願いして良かった本当にありがとう」と言われたと聞いた時は嬉しかったですし、ドライバーさんも私と同じように喜んでくださり、営業、作業員、ドライバー、配車を手配するスタッフ全ての連携がうまくいったと実感します。

見積りは一人で行うことがほとんどですが、その先のお仕事には「多くの共に働く仲間がいる」ということを常に意識しています。

お客様にも仲間にも「信頼される」人になる

私が営業(見積もり)をした仕事に対して、現場のドライバーさんがどうすればスムーズに作業ができるか?と常に仕事の先を考えながら行動できる人になりたいです。そしてお客様のご要望にも答え、ドライバーさんも「問題なく作業が終わったよ!」言っていただけるよう、信頼される人になりたいです。

ネストBOX事業では、担当になったばかりで、営業と異なる分野ですので知識・経験を増やし、関連する部署の方から頼られる存在になりたいと思っています。目の前のことだけにとらわれず、いろいろなことに挑戦し「あなたがいるからこの事業がうまくいく」と言われるよう、努力を続けていきたいです。