後輩と共に成長/福岡亮兵

福岡亮兵 FUKUOKA RYOUHEI
企画営業/2010年新卒
出身校:徳山文理大学

 

現在の仕事内容は?

引っ越しの見積もりや家具メーカーさんとの搬入搬出のやりとりをおこなっています。

企画営業の統括として、部署スタッフのマネジメント業務。主に部下の営業ルートの管理、営業対応の管理や、企画営業での傍、ファクトリーの店舗対応や、マネジメント業務や広報活動の指導などにも携わっています。

仕事の面白さや、やりがいは?

ネストは歴史の長く、お客様の多くは会社の歴史に対する安心感やこれまでの信頼関係の中でネストに仕事を発注されることが多いです。そのようなお客様に、「福岡さんでないと困る」と言われた時は、お客様との信頼関係が築けていることを実感します。そして指名の仕事が入ってくるたびに、自分がネストという会社に貢献しているという充実感を感じます。

他には、自分がうけた案件で、打ち合わせの日程の都合がつかず、別のスタッフに打ち合わせに行ってもらう時に、お客様の情報を一から引き継ぐなかで、どうすればその打ち合わせがうまくいくかなど相手の立場や、部下の継続年数に合わせた指導をすることが大変です。

おもしろさとやりがい

お客様の中には無理難題のご依頼をしてくる方がいらっしゃいます。例えば「明日荷物を運んでほしい」というご依頼です。通常は事前に見積もりを行い配車スタッフも事前に確保しておくというのが流れです。

しかし、それは私たちにとって都合よく仕事をするための条件に過ぎないのです。私は、その案件はおそらくお客様にとっても、急に決まった困り事なのではないかと思っています。ならば、我々ネストに依頼してくださった以上、我々は絶対にそのお客様の気持ちに応えるべきだと考えています。つまり、我々の仕事にYESはあってもNOはないのです。

もちろん簡単な仕事ではありません。依頼を引き受けた後は、社内で社員との戦いです。なんとかするために、どう社員に動いてもらうか。仕事を押し付けるのではなく、「どうにかしてやらないといけない仕事」という思いが伝わるように意識しています。もちろんどうしても人員確保が難しい場合もあります、その場合はお客様にも別の提案を行い、絶対にお客様の思いに応えるように行動しています。

なぜ自分が引き受けた無理な仕事にも社員全員がYESといえるのか?

それは日頃から、絶対にNOは言わないという環境を大切にしているからです。指示を出す時には、命令ではなく、「なんとかしてやり遂げる」という気持ちになってもらうような指示をするようにしていますし、何より社員全員の引き受けた仕事は絶対にやるという雰囲気があるからこそできることだと思っています。

新規クライアント開拓で印象に残っていることは?

新規のクライアントさんに会う時は今でも緊張します。相手がどんな方かわかりませんし、相手の雰囲気に合わせた対応をしなくてはいけないからです。しかし、相手に合わせているだけでは、ただ相手がその状況に満足するだけだと思っています。

大切なのは、相手の雰囲気にあわせつつ、どれだけ自分たちの土俵に相手の雰囲気をもってくることができるか、だと思っています。最終的に、新規クライアントさんとの商談がうまく進んだときにはこの上ない喜びを感じます。

若手社員を伸ばすために心がけていること

若手社員にとって先輩社員は怖い存在であると思わせる方が場の雰囲気は引き締まったものになると思います。しかしそれでは良い人間関係は築けないと思っています。

プライベートではしゃぐ場面ではおもいっきり若手社員とはじけ、仕事は厳しくといく、ONとOFFのめりはりをしっかりつけるようにしています。

後輩に教えることで自分の成長をどう実感するか

私自身が入職した頃は良い意味で放任的な感じでした。「とにかくやってこい!」という当たってとことん砕けてこい、という感じでした。しかし今は1から10までのことなら1から11まで事前にきちんと教えた上で、やっと9までできるようになるという印象です。過保護な考え方かもしれませんが、その子その子にあったやり方で指導するようにしています。そして、どんな小さなことでもきちんと段階を踏んで教えるようにし、自分が先輩に教えてもらったやり方だけでなく、自分自身のやり方も織り交ぜ、早く一人前になれるように指導しています。

トラブルをおこさないために心がけていること

「相手の立場になって考える」この言葉につきると思います。例えば引っ越しでは、金額を安くすることは誰でもできます。しかし安くすることだけが、果たしてお客様の求めているサービスなのか?ということです。

金額を安くしてもサービスが満足いくレベルでなければそれは結果不満になります。金額は過ごし上がってしまっても、「お客様にとって何が一番よいサービスなのか」これをお客様の立場に立って考え、提案するように営業では心がけています。

自分の担当で一番印象に残っていること

ある大きな企業の搬入養生の案件です。その案件では、自分自身の経験から見積もりを作成し、当日作業に入りました。

しかし現場では、一度設置した養生が風で全て飛んでしまい、一から立て続けに想定外の事件が起き、作業後は見積もりを上回る請求書の金額になりました。想定外の事件ではありましたが、私は予想外のハプニングも全て当社で負担するものだと思っていました。しかし、後日お客様からきちんとした請求をしてほしい、予想外の出費もきちんと支払いたいと言われた時は、本当によいお客様に出会えたと実感しました。