自信が持てる自分に/橋本美佳

橋本さん

橋本美佳 HASHIMOTO MIKA
営業/2015年新卒
出身校:比治山大学短期大学部

 

現在の仕事内容は?

引見積もり依頼のあったお客様と、既存の取引先である不動産会社に営業をしています。

家具メーカの新規開拓(宅配)などが主な業務です。ほぼ毎日1〜2件はお客様のところへいきます。お客様の様子を見て、話をすることが多く、世間話しをして帰ることもちらほらありますが、私の親と同じ世代のお客様には本当にかわいがっていただいています。

 

仕事の面白さや、やりがいは?

引っ越しのリピーター顧客が、私を指名で依頼してくださった時は、前回のサービスを満足していただいたのだなと実感するとともに、仕事の励みになっています。

他には、ネストで引っ越しをされた方が後日、捨てたい家具の依頼をしてくださったり、その娘さんの引っ越し依頼をされたりと、引っ越しの時にお見積もりの時に説明した内容を後日検討して依頼されることがあり、頻繁に利用することのない「引っ越し」というサービスを通じて一人のお客様と長期的なつながりを実感できることが嬉しいです。

 

後輩を指導する大変さ

本当に日々後輩の指導には悩みがつきません。というのも、自分の教えたやり方で、見積もりをしてくる後輩が現場で自信をもってやっているか不安になったり、自分の教えたやり方が本当に正しいのか不安になったり、私の指導が本当に正しいのか不安になることが多いです。しかし、頼りになる先輩がいるので、その先輩に相談しながら日々指導しています。
一方で後輩に教えながら自分自身も成長させてもらっています。後輩がミスをした時や、ドライバーさんから後輩の指導についてアドバイスをもらった時はミスに対してどう乗り越えるか後輩と一緒になって考えるようにしており、日々私も一緒に勉強にしています。

 

協力することの大切さ

私は引っ越しの注文をとってくることしかできません。当日引っ越しを行うのは私ではなくドライバーさんや、引っ越しスタッフ。引っ越しの請求書を発行してくれるのは事務です。
1件の引越しが完了する業務の過程で、複数人のスタッフが互いに手を取り合いながら業務を進めています。みなさんの手助けがあって一つの引っ越しが完結します。一箇所でもかけてしまうと引っ越しが完了しません。自分の担当でなくても、引っ越しが終わるまできちんと見届けるのが私の役目だと思っています。

 

女性の営業でこまっていること

「女性でしょ?現場経験ないのに大丈夫なの?」といったことを言われることもあります。確かに私は男子スタッフと比較すれば力は劣っていますし、実際に持てない荷物があるため男性スタッフより引っ越しの現場に出れる数が圧倒的に少ないです。しかし、空いた時間に家具解体や、現場を訪問し、引っ越しの流れを勉強させてもらっています。

引っ越しの流れは把握しているので、今ではお客様には「問題ないです」と自信をもって言えるようになりました。

 

トラブルをおこさないために心がけていること

実際当日ものがトラックに乗り切らないというハプニングは起こります。しかし、事前にお客さんときちんとコミュニケーションをとっていると、大きな事件にならずに済むことが多いです。そいうったことがないように、直属の上司である福岡さんとは日々の「ホウレンソウ」を大切にしています。

 

まずは「なんでも」やってみることが大切

最初は事務希望で入職しましたが、途中から営業に部署が変わりました。正直不安だらけですごく嫌でした。しかし実際仕事をやってみると、苦手だった「人と会話をする」ということが楽しくなり、時にはお客様と街で出会い声をかけられることも多々あります。最近は知り合いが増え、プライベートが充実しています。
嫌なことがあっても、「嫌なことはしない」と決めつけるのではなく、「まずはやってみる!」という考えにかわり、人生が豊かになりました。今では営業に異動してよかったと感謝しています。